一般の皆様へ

日本小児歯科学会・関東地方会のホームページをリニューアルいたしました。(2021年3月)
今後こちらのコラムでは、お子さんの歯のケアやよくあるご質問など、小児歯科に関わるお役立ち情報を小児歯科専門医がお届けしていきます。

『小児歯科専門医のご案内』
お子さんにとってはじめての歯医者さんは、お子様の口の健康を一生左右すると言っても過言ではありません。そのためには、子どものお口のことを良く知っている先生に診てもらうことが大切です。そこで、日本小児歯科学会では、専門医制度を設けております。
小児歯科学会専門医は、厚生労働省の認可を受けた、高度な小児歯科に関する専門的知識並びに治療技術を有する歯科医師です。
お子様のお口のことで、心配や不安なことなどありましたら、遠慮なくお近くの「小児歯科専門医」にご相談下さい。皆様方のお住まいの関東地域の小児歯科専門医はこちらの「専門医の一覧」からお探し下さい。

こどものむし歯

Q.むし歯はどうしてできるの?
A.乳歯は、生後6か月ごろに生え始め、2歳半ごろには上下10本ずつが生えそろいます。むし歯は減少傾向にありますが、生えそろって間もない3歳で、すでにむし歯があるこどもが6人に1人の割合でいます。子どものときに、歯みがき習慣をしっかり身につけることがとても大切です。むし歯は、歯の表面についた「むし歯原因菌」が、口の中に入ってきた「糖分」を分解して作る酸によって、歯が溶かされてできます。溶かされるまでには「時間」がかかるので、甘いものが口の中に入ったら、すぐにむし歯になるわけではありません。溶かされるには「時間」もかかります。つまり、むし歯菌がいる口で、甘いものを食べて、そのままでいるとむし歯ができるということです。

Q.歯が茶色くなったらむし歯なのですか?
A.歯の表面が茶色くなったり、白くなったりしたときは、初期のむし歯の可能性があります。穴が開いてきたときには、小さくても内部で進行していることが少なくありません。乳歯は永久歯に比べて歯の質がやわらかいので、むし歯になりやすく(歯が溶けやすく)、進行も早いのが特徴です。大人のむし歯のように、しみたり痛かったりというような症状も少なく、こどもがうまく訴えられないことから、進行してから気づくことも少なくありません。

Q.どうしたらむし歯を予防できるの?
A.それは、規則正しい食生活と歯みがきです。1日3回の食事とおやつ以外に、お菓子を食べたりジュースやスポーツ飲料を飲んだりするのは控えましょう。だらだら食べも注意が必要です。口の中に食べ物や糖分が入る回数が多かったり、入っている時間が長かったりすると、むし歯になりやすくなります。食べた後の歯みがきも大切です。歯みがきができないときは、水やお茶を飲ませたり、ぶくぶくうがいができれば、なおよいでしょう。夜は、口の中をきれいにしてから寝かせましょう。歯みがきは、むし歯の原因菌を少なくし、歯を溶かす酸の材料となる食べかすをきれいにする効果があります。

Q.歯みがきはいつから始めたらいいの?
A.歯が生える前から準備を始めましょう。口はとても敏感なところです。おっぱいを飲んでいる頃から、口のまわりや歯ぐきをやさしく触ってあげるといいでしょう。歯が生え始めてもすぐ歯ブラシではなく、ガーゼみがきなどから少しずつ慣れさせると、歯みがき嫌いにならずにすみます。奥歯が生える頃には、お母さんの膝の上にお子さんを仰向けに寝かせて仕上げみがきをするといいでしょう。歯みがきの気持ちよさをこどもに体験させてあげてください。歯みがきの時間は親子のスキンシップタイムです。お母さんもお父さんも、気持ちよさそうに楽しそうに歯みがきをしましょう。
(こどもの健康週間2013から抜粋)

第14回まちだ市民セミナーのお知らせ

日 時 :令和3年2月28日(日)14:00~16:30
開催形式:オンライン開催(YouTubeにて配信)
知っておきたい性のはなし ~子どもたちを守るために~
【14:05~14:50頃】
「自分と相手を大切にするって?
~若者の性の現状と、親として、産婦人科医としての課題~」

筑波大学大学院ヒューマン・ケア科学専攻 社会精神保健学分野 産婦人科医 遠見 才希子 先生
10代の頃「もっと気軽に楽しくまじめに性を考える場が欲しかった」と気づき、大学時 代から性教育を行い、中高生の生の声を聴くことで見えてきた、性暴力、緊急避妊、中 絶に関する問題を含めてお話しします。性の健康を守るために大人ができることとは? 子どもたちのおかれている現状を知り、一緒に考えていきましょう。
【14:50~15:35頃】
「LGBT/SOGIの基礎知識:トランスジェンダーの子どもと学校」
岡山大学大学院保健学研究科 研究科長 岡山大学医学部保健学科 学科長 中塚 幹也 先生
LGBT当事者は子どもの頃からセクシャリティに関する悩みを持っています。岡山大学 ジェンダークリニック受診者の約9割が中学生までに性別違和感を持ち、約25%が不登 校を、約60%が自殺念慮を、約30%が自傷・自殺未遂を経験しています。トランスジェ ンダーの子どもにとっては、学校と医療機関との連携も重要であり、二次性徴抑制療法 などにつながります。しかし、子どもは気持ちを封じ込めており、話しやすい教員や小 児科医、そして周囲の大人がいるかどうかは重要です。
【15:45~16:25頃】
「ゲストスピーカーとして当事者の方々の声と総合ディスカッション」
共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
なないろほたる 教員、虹色さざんか/会員 松尾 タクミ 氏/流 氏
詳しい情報はこちらから

3歳児歯科健診が延期でも 家庭でできるチェックポイント

トップに戻る

1歳6か月児歯科健診が延期でも家庭でできるチェックポイント

家ですごしているみんなへ 歯医者さんからのおねがい

家ですごしているみんなへ歯医者さんからのお願い①

家ですごしているみんなへ歯医者さんからのお願い①

家ですごしているみんなへ歯医者さんからのお願い②

家ですごしているみんなへ歯医者さんからのお願い②

家ですごしているみんなへ歯医者さんからのお願い③

家ですごしているみんなへ歯医者さんからのお願い③

家ですごしているみんなへ歯医者さんからのお願い④

家ですごしているみんなへ歯医者さんからのお願い④

トップへ戻る

関東地方会・事務局

〒183-8561
東京都府中市武蔵台2-8-29
東京都立小児総合医療センター 小児歯科内
小方 清和
TEL:042-300-5111(代表)
FAX:042-312-8143

★住所変更はこちらまで
口腔保険協会 小児歯科担当(田辺)まで
TEL 03-3947-8891(代)
E-mail:gakkai3@kokuhoken.or.jp

第36回大会事務局

〒185-0011
東京都国分寺市本多1-8-7
(医)慧慈会 りつ小児歯科内
第36回関東地方会大会
準備委員会事務局 準備委員長 吉中 律
e-mail:jspd.kantoh36@gmail.com